結婚式のプランナーが不安!指名ができない式場が多い

プランナー不安 結婚式

結婚式の準備を進めていく上で重要な存在がウエディングプランナーです。
新郎新婦にとっては、大事な結婚式を共に進めてくれる上で頼りにしたい存在ですよね。
それ故に、プランナーさんの印象が良くないと、今後の結婚式準備に不安を感じるかもしれません。

今回は、ウエディングプランナーさんを不安に感じるよくある理由や、プランナーさんを指名できない理由についてお話します。
また、プランナーと合わないと感じてしまった時のアドバイスもお伝えします。

レン
レン

頼りないプランナーさんという印象だと結婚式自体が不安になりますよね。
僕は、ブライダルフェアの時と違う人なの!?って思いました。

結婚式のプランナーが不安!指名ができない式場が多い

ウエディングプランナーって指名できない!?

複数プラン

式場のプランナーには制限がある

結婚式を共にすすめるウエディングプランナーは、自分たちが気に入った人にしたいと思うかもしれません。
しかし、ウエディングプランナーの指名ができない結婚式場が大半です。
式場のウエディングプランナーは複数の新郎新婦を担当していたり、人手も限られている場合が多く基本的に指名は難しいでしょう。

レン
レン

プランナーは複数のカップルを担当している場合が多いので、
指名を受け付けてもらえないことが大半のようです。

フリーランスのウエディングプランナーも制限はある

ウエディングプランナーを選びたい人は、フリーランス(式場に所属しない個人)の方にお願いする方法もあります。
しかし、自分たちが挙式をしたい式場では、外部のプランナーさんにお願いすることができない場合もありますのでご注意を。

レン
レン

基本的に式場のウエディングプランナーが割り振られるかんじですね。

プランナーに不安を感じる時

不安なカップル

ウエディングプランナーと初対面した時、不安を感じる人もいるかもしれません。
どのような場合に不安を感じるかリストアップしました。

ブライダルフェアの時と違う人だった

「ブライダルフェアの時に説明してくれた人がプランナーさんだと思っていた。」

 

「ブライダルフェアで話していた人が良かったのに・・・」

このように、後になってプランナーさんが思っていた人と違うというケースは結構多いようです。

意外かもしれませんが、ブライダルフェアの相談会などで話をしてくれるのは営業担当の方であることがほとんどです。

式場を紹介する営業と、結婚式を進めるプランナーは別の仕事です。

ブライダルフェア時に話した方の印象が良く、

「この人なら信用できる」
「この人に結婚式を任せたい」

と感じたカップルは、少しショックで不安になるでしょうね。

レン
レン

実際に僕と妻も、プランナーさんが違うと知った時はがっかりしました。
ブライダルフェア時に話した人の印象が良かったので式場を決めたというところも少なからずあったからです。

女性と思っていたら男性だった

ウエディングプランナーは「女性」というイメージがあるかもしれません。
しかし、場合によっては男性のプランナーさんもいます。
男性ならではのプランニングをしてくれる場合もあり、決して男性が悪いわけではありません。
といえど、プランナーさんは優しそうな女性が良いと感じる人の方が多いようです。

レン
レン

やはり結婚式に関することは女性の方がアイデアも豊富なイメージがあります。

経験が浅そう

年齢が若いウエディングプランナーだと、経験が浅そうで心配になるカップルは多いようです。

「一生に一度の結婚式を任せてもいいのか?」

「結婚式のアイデアに困った時、提案してくれる内容が薄そう・・・」

と不安に感じるかもしれません。

レン
レン

若くて天然っぽい雰囲気だと、かなり不安ですよね。
アイデアも乏しそう・・・ある程度年齢が高い人の方が安心と感じるのは仕方ないですね。

新婦より年齢がかなり若い

これは気になる人と気にならない人で別れるようですが、新婦より年齢がかなり若いと不安になる場合もあるようです。
結婚式では花嫁が主役ですが、女性は「年齢が若い人ほど女性的な価値を感じやすい」ようです。

また、「男性は若い女性が好き」という、女性側のイメージも関係しているかもしれません。

例えば、新郎新婦とプランナーさんの3人で打ち合わせをしている時に、新郎が若いプランナーさんと話をするだけで、ヤキモチを焼いてしまう新婦もいるようです。

「年下のプランナーがどこか気に障る」という女性の意見もあるようです。
特に男性は、若いプランナーさんよりも新婦を立てることに注意しましょう。

レン
レン

男性は、間違っても「あのプランナーさん若いしかわいいところあるね」など新婦に言ってしまわないように注意しましょう!

ウエディングプランナーの役割を理解しておこう

仕事する女性

ウエディングプランナーは印象が大事です。
印象によっては「この人で大丈夫かな?」と感じるかもしれません。

しかし、ウエディングプランナーは「印象が温和で優しそう」という点よりも「仕事ができて信頼できる」人を選ぶ方が良いと僕は思います。
ウエディングプランナーの仕事を知ると理解ができると思うので、おおまかな役割を説明します。

ウエディングプランナーの3つの役割

【役割①】結婚式までのスケジューリング

ウエディングプランナーのメインとなる役割は、
結婚式までに決定することや、準備を進める上でのスケジューリングです。
新郎新婦が無理なく準備を進められるように日程調整をする重要な仕事です。

【役割②】他の担当者と新郎新婦をつなぐ

結婚式は様々な担当者が関わります。
挙式や披露宴の司会者、音響・映像担当者、会場の花をアレンジする担当者などです。
新郎新婦は、この担当者たちとも打ち合わせをすることになります。
ウエディングプランナーは、新郎新婦とこの担当者たちをつないだり、新郎新婦の変更点を伝える中心的な役割を担っています。

【役割③】カップルの不安や質問に答える

結婚式は誰もが初心者なので分からないことだらけです。
招待状の送り方や引き出物の選び方など、初めてのことは不安なものです。
そんなカップルの疑問やアイデアに詰まった時に、質問に答えるのもウエディングプランナーの仕事です。
特に、披露宴のプログラムやサプライズのアイデアなどの相談に対して、適格にアドバイスするのがウエディングプランナーの腕の見せ所です。

結婚式をうまくプランニングできそうな人を選ぼう

上記のように、ウエディングプランナーは結婚式という新郎新婦にとって大事な人生のイベントを成功に導くプランを提案・実行する仕事です。
なので、ウエディングプランナーを判断する時は「頼りになる」という点で見ることを個人的におすすめします。

優しそうなイメージがあっても、アイデアをあまり提案できないような人や、会話が通じない人では、安心して結婚式準備を進められないでしょう。

レン
レン

「優しそう」「温和そう」というイメージも、話しやすさという観点では重要ですが、
「頼りになる」は、ウエディングプランナーとしては重要なポイントだと思います。

プランナーさんを選びたい場合はフリーランス【注意点あり】

仕事する女性

プランナーさんを選びたい場合は、式場ではない外部のフリーランスのプランナーさんにお願いするという手もあります。
良い点としては、自分たちが気に入った人を選びやすいということと、フリーなだけに提案力やサポート力が優れているということです。
しかし、個人でウエディングプランナーさんをされている場合は、提携できる式場にも制限があるようです。
自分たちが結婚式をしたい式場がフリーのプランナーさんを受け付けていない場合もありますので注意しましょう。

フリーのウエディングプランナーはこちらのサイトで探せます→wetuku-ウェディングをつくるひと-

「不安な気持ち」があるならプランナーにハッキリ伝えよう

相談するカップル

今回はウエディングプランナーの不安についてお話ししました。
自分たちの結婚式を考えてくれるウエディングプランナー。
できれば雰囲気が良く信頼できる人に担当してもらいたいですよね。

僕と妻も、ウエディングプランナーにミスがあり、一度クレームに近いことを言ったことがあります。
クレームにつながった一番の理由は「大事な結婚式準備を進める上で不安になったから」です。
クレームは言いましたが、その後プランナーと信頼関係が築けて良い結婚式にできました。

当たり前ですが、誰もが結婚式は成功させたいと感じています。
不安に感じたことは、プランナーにハッキリ伝えるのが一番です。
それでも十分に対応してくれないプランナーであれば、他の人に変更してもらう方が良いでしょう。

レン
レン

不安な気持ちはまずはプランナーさんに伝えましょう!
信頼できるかはその後の対応で判断しましょう。

僕が実際に経験したプランナーとのトラブルはこちらの記事でご紹介しています↓

ウエディングプランナーに関する疑問や悩みをまとめています
結婚式準備中の人にオススメ!
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました