ブライダルフェアで絶対に聞こう!フェア当日に聞くべき質問集

ウエディングチェックリスト 結婚式

結婚式場によって禁止ルールや、持ち込み料がかかることは多くあります。

結婚式で当たり前のようにできると思っていたことでも、
契約後にできないと気づいてがっかりすることも。

よくある「聞かずに後悔した事例」とともに、
ブライダルフェア時に確認しておくべきことと質問のチェックポイントをご紹介します。

レン
レン

ブライダルフェアの時には気づかなかったけど、
後になって「え、これってできないの?」というケースは結構多くあります。
後悔しないためにも、聞くべきポイントを抑えておきましょう。

後悔しない結婚式に!ブライダルフェアで聞いておくべき事例と質問

挙式会場で撮影はOK?

式に参加する友達や家族にもチャペルで写真を撮ってもらいたかったのですが、チャペル自体が撮影禁止でした。
当たり前にできると思っていたので、できないと聞いた時はびっくりでした。
友達や家族も式中の撮影ができないことに少しがっかりしていました。

最近増えているのが、挙式をする会場でゲストが撮影ができないケースです。

神前式などではよくありますが、チャペルでも禁止の式場もあります。

スマートフォンのシャッター音やカメラのフラッシュなどで雰囲気を壊さないためという理由などがあるようです。
ゲストにも写真を撮っておいてもらいたい人は撮影可能かどうか事前に確認しておきましょう。

レン
レン

決めた挙式場が「撮影禁止」でガッカリということがあるみたいです。
ゲストにも撮影してほしい人は聞いておきましょう!

衣装に持ち込み料金はかかる?

親戚からもらった着物を着たいという夢があったのですが、式場で提携しているドレスショップ以外のものは持ち込み料がかかると知りました。
持ち込み品にはドレスの割引も適用されないので、着物の持ち込み代の方が高くつきました。

自分の持ち物を使うのだから無料だと感じるかもしれませんが、
式場に自分のものを持ち込む場合、持ち込み料がかかることがほとんです。
式場側としては提携しているドレスショップを利用してもらいたいというのが本当のところ。

持ち込み料を設定しておかないと、格安のレンタルドレスショップなどで借りることがまかり通ってしまうので、持ち込み料を設定している会場がほとんどです。

他にも、着たいブランドのドレスがある人は、式場がブランドと提携しているかどうか、
特に持ち込み料はいくらかかるかを確認しておきましょう。

レン
レン

式場には提携しているドレスショップからの中間マージンがあります。
式場側は利益が減ってしまわないよう持ち込み料を設定していることがほとんどです。

知人に動画撮影を頼んでもOK?

写真は式場のプロカメラマンにお願いしましたが、動画は当日の雰囲気さえ残せればいいと思い、知人に頼みました。
後になり、ゲスト以外で動画撮影者が式場や披露宴会場に入ることができず、入る場合は持ち込み料がかかると知りました。
知人にも頼んで予定を空けてもらっていたためどうしようか迷っています。

挙式や披露宴の動画撮影は値段が高いこともあり、参加者じゃない知人に頼もうと考える人は多くいます。

しかし、
ゲスト以外の人物に会場内に入ってもらうには別途料金がかかる場合がほとんどです。
節約しようとした結果、結局式場でお願いするのとあまり変わらなかったという結果になることも。

撮影などを知人に頼んだり外部の人に委託する場合は、別途料金がいくらかかるかを確認しておきましょう。

レン
レン

持ち込み料は衣装などの物だけではなく「人」にも発生する場合があるので要注意!

車椅子のゲストがいるけど対応はしてくれる?

車椅子のおばあちゃんにも参加してもらったのですが、会場内にバリアフリーに対応していないエリアがあり、おばあちゃんに見てもらえないシーンがあり残念でした。

ブライダルフェアでは気づかないのが式場のバリアフリー対応。
車椅子の人にとってはちょっとした段差や階段があると通れないものです。
完全バリアフリー対応ではなくても、当日にスタッフが車椅子を持ち上げてくれたり対応してもらえるかを聞いておきましょう。
ブライダルフェアで式場や披露宴会場を見学する時に、意識しながら見て回るのも良いでしょう。

披露宴の音楽は好きな曲を使える?

音楽好きな二人で、思い出の曲がたくさんあるのですが、式場の著作権制限が厳しく、原盤のCDを持っていないと披露宴で流せないと言われました。
データで持っているだけの曲は使用不可のようで、改めてCDを買うか迷っています。
使いたい曲がありすぎるのも原因ですが、やっぱり二人の思い出なので色々使用したいです。

著作権についても厳しい会場が増えています。
披露宴で自由に音楽を選択できるのは、著作権会社との契約をしっかりしている会場です。
そうでない場合は、原盤のCDを持っていないといけなかったり制限が多いことがあります。
選曲にこだわりがある人は、曲の使用制限は確認しておくべき項目です。

レン
レン

好きな曲を使いたい人は、披露宴会場を決める前に確認しておくことを強くおすすめします!

クレジットカード支払いはOK?限度額はある?

結婚式にかかる料金をクレジットカードで支払えると思っていましたが、支払いできるのは限度額100万円まででした。
結婚式以外の支払いが多くある時期と重なり貯金も少なくなっていたので、カードで支払っておいて、ご祝儀をカードの引き落としにあてるつもりでしたが、限度額があると後で知りお金のやりくりが大変でした。

クレジットカードの支払いを考えている方は、
式場がカード支払いに対応しているか、また限度額がいくらかを確認しておきましょう。
カード支払い自体が不可の式場もあるので、ブライダルフェアで確認しておくと金銭面の計画が立てやすくなります。

ウエディングプランナーはどんな人?

ブライダルフェアで式場の説明をしてくれた女性がとても良い印象だったので、その式場に決めました。
プランナーさんもその方が担当してくれると思い込んでいて楽しみにしていたのですが、実際のプランナーさんは新人っぽいかんじの女性で、少しがっかりしてしまいました。

ブライダルフェアで説明や案内をしてくれる方は営業担当者の場合がほとんどです。
営業とプランナーを兼務している式場もありますが、多くの式場はブライダルフェアで話した担当者と違う方が担当につくと考えておきましょう。

プランナーを選べる式場は少ないですが、ブライダルフェア時に

「どのような担当者になるか」
「プランナーは女性にしてもらえるか」
「経験豊富な人にしてもらえるか」

など
プランナーの希望をある程度聞いてもらえるか確認しておきましょう。

レン
レン

僕たち夫婦は、ブライダルフェアの時に対応してもらった女性スタッフさんが優しくてとても気に入っていたので、後になって担当プランナーさんが違うと聞いた時はガッカリしちゃいました・・・

質問は事前にメモ帳やスマートフォンにまとめておくと忘れない

自分たちカップルが気になることを、事前にメモ帳やスマートフォンにまとめておくことをおすすめします。

事前に質問をまとめておくことで、当日の聞き忘れ防止にもなります。

スマートフォンはブライダルフェアで必須のアイテムです。
当日の持ち物も一度チェックしておきましょう。

まとめ

結婚式はみんな初心者です。
それゆえに知らないことが多く、契約後にできないことがあると気づき後悔するカップルも多いようです。

特に多いのは、衣装や知人の動画撮影者にかかる持ち込み料(別途料金)に関することのようです。 音楽など著作権が関係することなど、自作の演出、好きな曲などを選曲したい場合は、しっかり確認しておくことをおすすめします。

また、
車椅子が必要なゲストのためにバリアフリー対応をしているかなど、
呼びたい人のことも想像してからブライダルフェアに参加すると、
参加者にも思いやりがある結婚式につながりますので確認しておきましょう。

レン
レン

ブライダルフェアに行く前に、「ゲストはどんな人を呼ぶか」「これだけは結婚式でやりたい」などをカップルで話しておくと、質問リストを作るイメージがしやすいですよ。

 

\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました