結婚式は安くなる!価格を下げる方法【節約術まとめ】

結婚式の節約術まとめ 結婚式

結婚式が予想以上に高額になり、予算オーバーしてしまいそうな人は少しでも価格を下げたいと感じるのではないでしょうか。

結婚式は新郎新婦が気づかないところで高額になっている場合があります。
同じ内容の結婚式でも、工夫しだいで数十万円単位の金額を下げることが可能です。

今回は結婚式の価格を下げる節約術をまとめてみました。
予算を抑えたいと感じている人はぜひご参考ください。

レン
レン

結婚をすると思っていたより出費が重みます。
今後の結婚生活のことも考え、結婚式が無駄に高額になってしまわないよう節約していきましょう。

結婚式は安くなる!無駄な部分をカットする工夫をしよう

結婚式は高額になることが多いですが、工夫をすれば安くなります。
ブライダル業界では、手数料や中間マージンなど、見えないサービス料が発生していることが多く、その点を見抜いていくことで価格を下げることが可能です。

同じ内容の結婚式なら、無駄にかかる部分を知ってカットしていけば、価格が大幅に下がることもあります。

大事なお金が流れていかないように、価格を下げる方法を実践していきましょう。

レン
レン

お金は大事なので、結婚式では式場側の手数料(利益)や中間マージンのために余計な出費をしないようにしましょう。

価格を下げる節約術まとめ

【節約術①】割引を探す

結婚式の割引方法は複数ある

PRICE

結婚式は割引サービスを通して成約すると、数十万円、時には100万円以上の金額が下がります。
式場に値引き交渉をする駆け引きの材料にもなりますので、自分たちに合う割引を、式場で成約する前に探しておきましょう。

挙式日を選ぶと特に安くなる!

カレンダー

結婚式を挙げる日によって価格が違うことを知っていますか?
価格が変わる理由としては、希望する人が多い日は価格が高く、希望する人が少ない日は価格が下がります。
まったく同じ内容の結婚式でも、選ぶ日によって価格が違うのであれば、安くなる日を選びましょう。

日程を変えるだけで数十万円違うこともあるので、挙式日に強いこだわりや希望がない人は安くなる日を選択するとお得ですね。

価格が下がりやすい時期や日時については下記記事をご参考ください。

【節約術②】申し込み方法を変える

相談するカップル

結婚式は式場と新郎新婦の契約によって成立しますが、この契約ルートを変えるだけで価格を下げられるケースがあります。

式場検索サイトなどは多数ありますが、その中でも「ブロデュース型」のサービスを利用すれば、結婚式の総額を減らして、新郎新婦の出費を大幅に下げることが可能です。

価格が下がるよう、カップルの結婚式をプロデュースしてくれるという意味合いです。

「プロデュース型」の結婚式は、無駄に高くなりがちな「ブライダル価格」をカットする施策を多く備えています。

料理にはお金をかけて、必要のない箇所は金額を下げるというような柔軟な対応ができるそうです。
式場数が限られるなどのデメリットもありますが、ブライダル価格を抑えて節約したいカップルは検討してみても良いでしょう。

レン
レン

式場の選択肢が制限されるということもありますが、有名ホテルやゲストハウスなど多数ありますので、一度どのような式場があるかだけでもチェックしてみると良いでしょう。

【節約術③】自作や外部発注

パソコン作業

結婚式場で注文すると、手数料や業者の中間マージンが発生して、価格が異常に高くなります。
この無駄な手数料をカットする手段のひとつとして、アイテムの自作や外部発注があります。

自分たちカップルでペーパーアイテムやムービーの作成および外部発注をすれば、価格を下げることができるでしょう。

ペーパーアイテムの自作や外部発注【節約度:低】

ペーパーアイテムとは、ゲストに送る招待状や、披露宴でゲストに配る席次表などです。
例えば、招待状を式場で注文すると1通あたり500〜700円ほどかかりますが、ネットで外部発注できるサービスを利用すれば、半額以下の200〜300円程度で作ることも可能です。

ゲストが60名に招待状を送るとなると2〜4万円の節約になるでしょう。
自作もできますが、自宅のプリンターと作成ツールで作る場合は、インク代や材料費を差し引くと1万円程度の節約にしかならないことも多く、自分の労力も考えると節約度は低めです。
オリジナリティを出したいなどの理由で自作をするのであれば別ですが、節約という観点ではおすすめではありません。

レン
レン

ペーパーアイテムは節約の金額幅が狭いので、サクっと外部発注して数万円浮かせてしまう方が楽ではあります。

ムービーの自作や外部発注【節約度:高】

式場でムービー作成を注文すると1本あたり10万円前後になることが多いようです。
ムービーは自作すれば作成費がほぼ無料なので、10万円単位の節約になります。

自作に自信がない人は、クラウドソーシングサービスなどで「ムービー作成のスキルを出品している人」にお願いしたり、式場以外の動画制作会社に発注することでも安く済ませることができます。

クラウドソーシングサービスは、1〜3万円程度が相場ですし、動画制作会社でも3万円前後で丁寧に動画を作成してくれますので、式場に注文するよりもお得な値段でムービーが完成します。

レン
レン

結婚式ムービーは見積り価格が大きく上がる要因ですので、披露宴でムービーを使用したいカップルは式場以外で作成を考えれば価格がかなり下がるのでおすすめです。

工夫をして無駄をはぶけば結婚式は安くなる!

今回は、結婚式の価格を下げるための施策をいくつか紹介しました。
全てを行うのは難しいかもしれませんが、自分たちに合うものをひとつでもすれば、結婚式費用の無駄がはぶけて価格を下げることができます。
場合によっては数十万円浮かせることができるので、今後の結婚生活のためにも価格を下げる工夫をしてみましょう。

レン
レン

自分たちで節約方法を考える過程自体がカップルにとって良い思い出になったりします!

 

\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました