結婚式に遅刻しないか不安!交通トラブルや寝坊の対策をしておこう

結婚式に遅刻 結婚式

結婚式当日の朝は本番のことやプログラムのことに意識がいってしまい、遅刻しやすい状態に陥ってしまいます。
寝坊や交通機関のトラブルなど、予想しなかったことで集合時間に遅れてしまうこともあるので、注意が必要です。

新郎新婦が遅刻してしまうと、最悪のケース数百万円かけた結婚式がキャンセルになってしまうこともあるので、甘くみてはいけません。

時間と心に余裕をもって結婚式にのぞむためにも、事前に対策を考えておきましょう。

レン
レン

僕は結婚式の当日に家に忘れ物をして取りにいきました。
ギリギリ間に合いましたが、心に余裕がなかったことを覚えています。
今後結婚式を控えているみなさんは、当日遅刻しないように対策をしておいてください。

結婚式に遅刻しないか不安!

式場

新郎新婦の集合時間はけっこう早い【注意】

挙式をする場合、新郎新婦は4~5時間前に式場に集合する場合が大半です。

特に新婦のメイクやヘアセットが時間がかかるため、早く到着しておかないと本番に間に合わないからです。

例えば挙式が12時からの場合、新郎新婦の式場の入り時間は朝の7時や8時の場合があります。

遅刻するケース

①寝坊

結婚式に遅れる原因として最も注意したいのが寝坊です。

前日の夜遅くまで準備や手紙を書いていて、当日の朝寝坊してしまうケースも少なくないようです。

②電車が遅延した

電車は比較的安心と思っていても、当日思いもよらない遅延などがあり、遅れることも十分あり得ます。

例えば人身事故や病人が出た場合など、電車が遅れることもあるので注意が必要です。

③車が渋滞に巻き込まれた

式の当日は荷物が多いこともあるので、自分の車やタクシーを利用して式場に向かうカップルもいるようですが、電車と同様、車が渋滞に巻き込まれることも予想しておいてください。

特に式場から距離がある場合で、高速道路などを使用する場合、事故渋滞に巻き込まると動きが取れなくなってしまいます。

④忘れ物をしてしまった

家を早めに出発したのに、どうしても必要なアクセサリーや手紙を忘れてしまい、取りに帰って集合時間に遅れてしまうこともあるようです。

レン
レン

遅刻には
自分が原因となる寝坊と、交通機関の遅延などどうしようもないトラブルがあります。
どちらも予想して対策をしておくことで、遅刻対策をしておきましょう。

交通機関や寝坊に注意!【遅刻対策】

寝坊対策

寝坊

就寝時間に注意

前もって結婚式の準備を進めていても、本番の日を目の前にしてやり忘れていたことを思い出すこともあります。

両親への手紙や、挨拶の文言など、前日に気付いて準備をしていたら、気付いたら夜中の3時!
なんてこともあるようです。

準備はなるべく早く済ませて、前日はしっかり睡眠をとれるようにしておきましょう。

体調管理に注意

結婚式に向けて体調管理をしておくことは非常に重要です。

風邪を引いてしまうと、当日の朝に疲れが出て二度寝してしまうこともあり得ます。

風邪が流行っている時期などは、積極的にマスクなどを使用して、日々の体調管理に気を配っておきましょう。

パートナーや家族と起床確認

一人暮らしをしている人などは特に、結婚式当日の起床確認をパートナーや家族にお願いしておきましょう。

そうすることで、寝坊が心配な人でも寝過ごすことは防止できるでしょう。

交通対策

渋滞

電車の場合は2~3本早いダイヤで

予定より早いダイヤの電車に乗ることで、もし遅延が起こっていても振替輸送やタクシーに切り替えることも可能になります。

ギリギリの電車に乗ってしまうと、遅延が起きている時点でタイムオーバーしてしまうかもしれません。

対応ができるようにも2~3本早い電車に乗るよう予定しておきましょう。

車やタクシーは交通状態に注意する

車で式場に向かう場合も事前に所要時間は調べておきましょう。

GoogleMapや車のナビでも所要時間は調べることができますし、打ち合わせの際に何度か車で式場に行っておくのが良いでしょう。

また、当日の渋滞情報などもネットで調べることができるので、当日の朝起きた時点でチェックしておきましょう。

忘れ物などは事前にチェックして玄関に並べておく

出かけた後に忘れ物に気付く場合があります。

式場では当日使用するアクセサリーや指輪などの貴重品を忘れてしまうと、衣装やプログラムに影響してしまいます。

また、自作のプロフィールムービーのDVDやウェルカムボードなども直前まで作業をしている場合はついつい忘れてしまいそうになるので、玄関の前に並べておくと安心です。

着る服などは前日中にチェック

持っていくもの以外に、当日の朝に焦ってしまうのが着ていく服です。

式場で衣装は準備されていますが、当日式場に向かう時の服装は意外に迷ってしまうものです。

また、式当日の朝はいつもと違うスケジュールや、挨拶のことなどで頭がいっぱいなので、服を選ぶ余裕がないでしょう。

遅刻の要因にならないように、着ていく服も上から下まで前日までに準備しておきましょう。

近くのホテルに前乗りすると安心

遅刻しない対策としては、前日に近辺のホテルに宿泊しておくのもひとつの手です。

式場から徒歩圏内のホテルに宿泊しておけば、交通事情で遅刻することはまずありませんし、朝も余裕を持って行動できるでしょう。

レン
レン

寝坊対策と交通対策をしておけば、結婚式に遅れることはありません。
2日前までに準備を終わらせて、前日は式場近くのホテルに泊まっておけばカンペキですね!

時間には余裕をもって事前に対策しておくことが重要

余裕があるカップル

結婚式に遅刻しないための対策をご紹介しましたが、基本的な対策はできれば2日前くらいまでに余裕をもってすべての準備を終わらせておくことです。

結婚式当日の朝の動きを頭でシミュレーションしておくのも良いでしょう。

一人暮らしで早起きに自信がない人は寝坊をしないように、パートナーや家族と協力しておきましょう。

また、電車や車などの交通上のトラブルは予測ができないので、事故や渋滞が起こった時にはどうするかも考えておけばパーフェクトです。

レン
レン

僕も前日の深夜3時(当日ですね 笑)まで挨拶の内容や手紙の作成に追われて、当日は眠い目をこすりながら式場に行きました。
彼女と同棲していたので、寝坊することはありませんでしたが、準備はもう少し早めに終わらせておくべきだったと反省しました。

 

結婚式でのトラブルと対策まとめはこちら
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました