結婚式の平均額を参考にし過ぎないほうが良い理由

結婚式の平均額です! 結婚式

結婚式を考えている人にとって、費用の平均額は気になるところです。
平均額を調べて参考にしようと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし、結婚式の平均額を信じすぎてしまうと、それが当たり前と思い込んでしまうと危険です。
結婚式の平均額は320万円前後と色んな式場検索サービスのデータとして発表されますが、平均額が高すぎると感じ、結婚式自体を諦めてしまう人も多くいます。
鵜呑みにし過ぎて結婚式を諦めるきっかけになってしまってはとても残念です。
今回は、結婚式の平均額を参考にし過ぎないように注意喚起するポジションで理由を解説していきます。

レン
レン

結婚式の平均額を一面的に鵜呑みにし過ぎると、選択肢が狭まることがあるので気をつけましょう。

結婚式の平均額を参考にし過ぎないほうが良い理由

招待ゲストの人数によって大きく変わるから

披露宴

結婚式の平均額は招待するゲストの人数によってその価格が大きく変動します。
よく使われる計算は、【参加者×5万円】という方法です。
この計算方法にのっとると、60名参加の結婚式なら総額は300万円になり、30名だけ招待する場合は総額150万円ほどになります。
このように、招待するゲストの人数はカップルによって違うので、平均額だけを見ても人数が明記していない場合は参考にする意味がありません。

レン
レン

招待するゲストの人数が明記されていない平均額はあまり参考にしないように!

総額の平均と自己負担額の平均は違うから

計算

平均額として発表されるデータのほとんどは「結婚式の総額」を表しています。
しかし、実際に新郎新婦が負担する額は「結婚式の総額」ではありません。
結婚式ではご祝儀をいただくので、ご祝儀次第では新郎新婦の支出は総額の半分以下になることがほとんどです。
この実際に支出する金額を「自己負担額」と呼びます。

例えて説明すると、
60名を招待した結婚式が300万円だったとします。
ご祝儀はお【一人あたり3万円】と計算すると、60×3万円で180万円になります。
この場合、残りの120万円が新郎新婦の自己負担額となります。

このように、結婚式の平均額として出されるデータは総額で表現されがちですが、総額だけではなく自分たちの支出となる「自己負担額」も見ておかなければいけません。
なぜなら、くどいようですが実際に自分たちが支払うお金は自己負担額の金額だからです。
総額だけ見ても、結局はいくら自分たちの支出があるかわかりませんよね。

レン
レン

「平均額320万円!」と言われても、そのうちの自己負担額がいくらか書いていない場合は、自分たちが負担する支出額がハッキリしませんよね。

挙式と披露宴のセットが前提になってしまっているから

ケーキカット

結婚式の「平均額」や「相場」で出されるデータは毎年320万円前後です。
しかし、これは「結婚式の平均額」とひとくくりにされていますが、挙式と披露宴をする場合を前提とした調査結果になります。

カップルによっては、挙式だけをするケースもありますし、1.5次会の会費制パーティを結婚式にすることもあります。

「昨年の結婚式費用の平均は320万円!」というのは、挙式と披露宴というプログラムを前提にして算出されたデータです。
挙式と披露宴のセットというスタイルを考えていないカップルにとってはまったく参考になりません。
また、挙式と披露宴がセットという固定観念を植え付ける一因にもなっています。

レン
レン

大半の調査データは、「挙式と披露宴」というお決まりスタイルが前提になっています。
他のスタイルを考えている人は、参考にし過ぎないように!

スタイルの幅が狭まるから

選ぶカップル

結婚式といえば、「挙式と披露宴」というスタイルが一般的と思うかもしれませんが、それは固定観念にすぎません。
結婚式のスタイルは様々なので、挙式だけでもかまいませんし、パーティだけをするカップルも最近では増えています。
「挙式と披露宴」というセットのスタイルを望んでいる場合はもちろん参考にしてもかまいません。

しかし、結婚式の情報に乏しいカップルは、平均額ばかりに固執していると、様々なスタイルがあることを見落としてしまいますので注意が必要です。

レン
レン

結婚式の平均額が320万円前後と聞き、金額が高いことで結婚式を諦めないでくださいね。

初心者カップルにとって「平均額」は結婚式を諦めるきっかけになることも【注意】

シュレッダー

一番いけないのは、「結婚式の平均額が高すぎる!」と圧倒され、結婚式自体を諦めてしまうことです。

「平均額」の価格だけ見ると、
「みんなそれくらい払っているんだ・・・自分たちは貯金もないし諦めよう・・・」
という結論に至ってしまうかもしれません。

平均額は、結婚のセレモニーを実施したカップルの平均額ではなく、挙式と披露宴を実施したカップルの平均額です。
この違いを見落としてしまうと、結婚式を諦めるきっかけになってしまうので、やはり「平均額」だけを参考にし過ぎないようにしましょう。

レン
レン

「平均額」は挙式と披露宴をするという前提で算出された調査結果です。
他のスタイルであれば費用の平均も変わりますので、まずは自分たちがしたい結婚式のスタイルを見つけるようにしましょう。

 

見積りの基本についてまとめています
\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました