引き出物にカタログギフトはいらない?ゲストの感想をご紹介

結婚式

結婚式の引き出物として7割以上の新郎新婦が選ぶ「カタログギフト」。

しかし、
カタログギフトを「いらない」と感じるゲストもいるのかな?
と不安になる人もいるかもしれません。

どのような理由で「カタログギフトはいらない」と感じるのか、実際にカタログギフトをもらった経験がある人の意見も踏まえて、引き出物を選ぶ参考にしましょう。

レン
レン

カタログギフトであっても、お皿やタオルなどの単品品物であっても賛否両論です。
カタログにしようか悩んでいる人は、「カタログはいらない派」の意見も参考にしてみましょう。

カタログギフトの引き出物が「いらない」派の感想【理由】

カタログ

期限切れになってしまう

私はカタログだと頼み忘れたり欲しいもの無いとなったりするので品物で考えています(ワインと和菓子)ワインならのめない人も料理酒にできていいかなぁと。

参考:みんなのウェディング【本音は?】引き出物がカタログギフト

レン
レン

注文し忘れはけっこうあるようですね。
これはゲスト側がかわいそうですが、期限があるものなので正直どうしようもありません。

カタログギフトよりも実用的な品物が欲しい

カタログギフトをもらうなら、バスタオルの方がいいかな。 バスタオルだと必ず使うのでうれしいです。特に自分では高くて買えないようないいものだとなおうれしい。 お皿だけは勘弁してほしいですね。持って帰るのが重たかった。

参考:めでたい.com「カタログギフトをもらって、嬉しかったことはありますか?」

レン
レン

自分では普段は選ばない高くて買えないものをもらうと嬉しい時がありますね。
ただ、それが欲しいものかはまた別の話です。
カタログをやめて単品品物にしても、ゲストの好みとマッチしないとムダになるリスクがあるので難しいです。

心がこもっていないように感じる

年配者は大体何でも揃っていますし、よそ様のお祝いの品を自分で決めるのは結構味気なく、心がこもってないように感じます。

参考:発言小町「カタログギフトってどうですか?引き出物で迷っています。」

レン
レン

年配の方は記念品などの単品品物を引き出物に選んだ方が喜ばれるかもしれませんね。
年配の家族ゲストなどにはカタログではなく、単品の記念品を選ぶなど、『贈り分け』を考えるのも良いかもしれません。

「いらない」派の理由まとめ

ゲストがカタログギフトを「いらない」と感じる人の理由をまとめます。

  • オリジナリティがなく記憶に残らない
  • 味気ない
  • 心がこもっていないように感じる
  • 欲しいものが見つからない
  • 注文しないまま期限が切れた

「いらない」というより、「心がこもっていない」や「選べなかった」という意見が多いようです。

レン
レン

僕もいただいたカタログギフトが半年の注文期限があることを後で知ったことがあります。
「いらない」というより、期限が切れていてもったいなかった・・・と感じましたけどね。

引き出物はカタログでも単品の品物でも「全員が100%満足は難しい」

結婚式

カタログギフトが「いらない」と感じる人もいますが、
逆に「カタログが良かった」という人もいます。
カタログでも単品品物でも全員が満足するわけではないと考える人の意見も参考にしてみましょう。

まず引き出物に関して、万人に喜ばれる物は無いと肝に銘じておきましょう。
「カタログギフトは思い出の品として残らないし、特に欲しくない商品を選ぶのが面倒くさい」という方もいれば、「食器など使わないし、押入れに眠るだけ」と思う方(特に独身男性はこの傾向が強い)も必ずいます。

参考:発言小町「カタログギフトってどうですか?引き出物で迷っています。」

レン
レン

たしかに僕も独身時代に引き出物で食器をもらいましたが、日常的に使いづらくずっと押し入れに置いたまま一度も使いませんでしたね(笑)
最終的に家族にあげましたが、自分はそれほど嬉しくはなかったです。
単品の場合は好みに合うかが重要だと思います。

お皿が欲しければカタログにもありますしね…
欲しい物がなくても食品なら困ることもありませんね

参考:みんなのウェディング【本音は?】引き出物がカタログギフト

レン
レン

たしかに、お皿が欲しければカタログギフトにも載ってることが多いですよね。
カタログギフトは選択肢が多いことが強みです。

ゲストが複数来る場合は好みも様々ですし、100%全員が満足するということは難しいです。
カタログギフト以外で単品の品物を贈っても「処分に困る」という意見も多々あります。

レン
レン

ゲスト全員の好みや必要なものを把握できませんし、カタログギフトが逆に「思いやり」になることもありますね。

自分たちでオリジナルの引き出物を「組み合わせができるカタログ」

タブレットを使うカップル

新郎新婦が組み合わせを選べるカタログギフトサービスもあります。
組み合わせができれば、カタログギフトが「味気ない」「心がこもっていない」という声に対して少しは応えることができるでしょう。

「自分たちで選んだ」という点が、味気なさを感じさせませんし、カタログギフト慣れしているゲストも「オリジナリティがあるな」と感じてくれる期待度が上がります。

レン
レン

結婚式のイメージやコンセプトに合わせて、カタログギフトの組み合わせができるサービスはおすすめです。

ゲストに評判が良さそうなものだけを組み合わせできるのでお得ですね。

組み合わせができるサービスとしては、「結(yui)」などがおすすめです。
カードタイプでスタイリッシュですし、持ち込み料や手提げ袋代がかからないところが良いです。

組み合わせができる引き出物「結(yui)」を利用した人の感想はこちらの記事をご参考ください↓

引き出物の基本についてはコチラ
結婚式準備中の人にオススメ!
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました