親に挙式や披露宴のことで口出しされる!もめないための対処ポイント

LOVE 家族 結婚式

自分たちの結婚式の理想と違う提案を口出ししてくる親に悩む人は多いそうです。
しかし、イライラしたり、けんかをするだけでは結婚式を前に進めることができません。
自分たちも親も良い思い出として残る結婚式にするために、親との意見の対立を解消することが大事です。
そのためには、新郎新婦の希望も一旦考え直す必要があります。
よくある挙式や披露宴に関する『親の口出し』についての対処ポイントを、実例とともにご紹介します。

レン
レン

対立している状態は良いとは言えないので、
妥協点や親との意見のバランスをとる方法を実例から学びましょう。

親に挙式や披露宴のことで口出しされる!もめないための対処ポイント

結婚式 家族

【ポイント1】結婚式は100%新郎新婦のものではなく親とゲストのことも考える

パーセンテージ

二人きりの挙式であれば問題は起こりませんが、
親をはじめとするゲストを招待する場合は、自分たちの理想だけを押し付ける結婚式にならないよう注意をしなければいけません。

とはいえ親の意見を100%取り入れてしまうと、「親の結婚式」になってしまい本末転倒です。

親の意見も取り入れつつ、招待するほかのゲストも喜び、自分たちのやりたいこともするという比率のバランスが良い結婚式が理想的です。

挙式、披露宴、ドレスなどに親が口出しをしてくる場合、自分たちがどうしてもゆずれない箇所は妥協せずに話し合いましょう。

レン
レン

自分たちはもちろん主役ですが、自分たちのことだけではなく、ご両親と一緒にゲストのことを考えられると良い結婚式につながるでしょう。

【ポイント2】挙式スタイルに関しては新郎新婦の理想を優先する

和風の挙式

特に女性は挙式への憧れを抱いている人が多く、挙式の理想を親に崩されると一生不満が残ってしまうかもしれません。

「素敵なチャペルで挙式をしたい」
「バージンロードを歩きたい」

などの理想がある場合は、我慢してゆずるのではなく、自分たちの理想を優先しましょう。

レン
レン

新郎は、彼女に理想があるのであれば、
叶えてあげる気持ちを大事にして、両親に伝えてあげましょう。

【ポイント3】ドレスやアクセサリーは親の要望を聞ける範囲で取り入れる

ドレスの花嫁と親

親は自分が受け継いだ家族に代々伝わるネックレスや指輪、着物などを花嫁に身に着けてほしいという願いがある場合があります。

花嫁からすると好みもあるかもしれませんので、すべて親の意見を取り入れずに要望を聞ける範囲で取り入れましょう。

たとえば、
挙式のドレスでは自分が好きなドレスやアクセサリーを身に着け、一方で披露宴のお色直しでは親が大切にしてきた着物をアレンジしたり、アクセサリーを付けたりすれば親の意見も取り入れやすいでしょう。

可能な範囲で親の気持ちを大事にすればきっと喜ばれることでしょう。

レン
レン

男性は親の意見に流されるのではなく、
中立的な立場で花嫁の気持ちも聞いてあげるようにしましょう。

【ポイント4】披露宴は他のゲストが喜ぶ内容を念頭に考える

披露宴会場

披露宴はゲストも楽しみにしている場所です。
新婚の二人を披露する場ではありますが、ゲストは料理や余興を楽しみにしています。

料理や余興の内容に親が口出ししてきた場合、それはゲストが喜ぶ内容になっているかを一番の念頭に置いて考えましょう。

親に伝えるべきポイントとしては、

「それはゲストに対してのおもてなしにならないかもしれない」
「来てくれるゲストに喜んでもらえる選択をしてほしい」

ということを伝えましょう。

レン
レン

家族以外のゲストを招待する場合は、
「それでゲストが喜んでくれるかな?」と、親と考えるようにしましょう。

【ポイント5】席の配置などは親が納得しつつも差のない配置にする

披露宴の席

披露宴の席次表で家族の配置について親が口出しをしてくる場合は、違和感がない程度に調整しましょう。

親は結婚相手の家族との関係性や、自分たちの家族の関係性が気になるものです。

親の要望がある程度納得がいく内容であれば、席の配置に関しては耳を傾けましょう。

しかし、
テーブルの人数や席順があまりにも不自然だったり、明らかな差が出そうな配置になる場合は、参加する人の気持ちを親と相談しながら調整するようにしましょう。

レン
レン

席の配置はゲストにとって重要なことです。
いい加減にするのではなく、ゲストの身になって考えるようにしましょう。

結婚式で親に口出しされた実例!対処方法もご紹介

結婚式で実際に親に口出しをされたという実例と、おすすめの対処方法をご紹介します。

父親に挙式は伝統ある白無垢にしてくれと言われた

父親の家庭は神前式をおこなっていたみたいで、挙式を白無垢でしてほしいと言われました。
私はチャペルでウエディングドレスが理想だったので乗り気ではありません。

【対処方法】
挙式は伝統や宗教的要素が強く表れるプログラムでもありますので、挙式に伝統意識を持っている世代のご両親であればこのような意見が出てくるかもしれません。
しかし、挙式は花嫁の理想や憧れの場合が多いでしょう。
そこをゆずり過ぎると後で後悔するかもしれません。

現代の結婚式は多様化していますので、伝統や宗教的要素にこだわる必要はもちろんありません。
ご両親の意見も取り入れるのであれば、挙式はウエディングドレスでお色直しに白無垢を着て三々九度をイベントの一つとして取り入れるということもできるでしょう。
逆に、最近のカップルの挙式例でいうと、神社などで式をした後に、披露宴でウエディングドレスを着て父親と歩くというパターンもあり、意外と披露宴が盛り上がるようです。
理想は叶えつつも、ご両親の気持ちも汲んだ内容を考えてみると話が進みやすいかもしれません。

母親が花嫁さんに受け継いできたネックレスを付けてほしいと言ってきた

自分の母が

「私がおばあさんから受け継いだネックレスを花嫁さんにつけてもらってほしいの」

と言ってきました。
少しドレスに合わせるには地味な感じがしましたし、彼女は自分がつけたいネックレスがあるようです。
断ることもできますが、母が嬉しそうに話している分、断るのが少しかわいそうでもあります。

【対処方法】
お母様の願いとしては自分の大切なものを譲りたいという気持ちが一番にあるのでしょう。
とはいえ、挙式は一生に一回。
花嫁さんとしても挙式でつけるネックレスは選びたいものです。
パターンとしては、挙式では花嫁さんが好きなネックレスをつけ、披露宴のお色なおしでカラードレスに着替える際にお母様のネックレスをつけてはいかがでしょうか。
もしくは、前撮りの撮影の際にお母さまのネックレスをつけて、出来上がった写真をプレゼントすれば喜ばれるかもしれません。
その際は
「挙式ではドレスショップで提案してもらったネックレスが、本番で着るドレスには合うそうだから」
と説明もしてあげましょう。
そして、譲ってもらったネックレスを大事にしていく気持ちもしっかり伝えてあげればお母様もきっと嬉しいはずです。

父が披露宴の料理のグレードを下げるように口出ししてきた

自分の父が
「料理はある程度食べれたらいい、そんなに金をかけすぎるな!」
と言ってきました。
僕たちとしては、ゲストに満足してもらうために、スタンダードのコースより品数が多い上のコースにしたかったのですが、 費用の援助をしてくれる父に言われたので、グレードを下げようか迷っています。

【対処方法】
ゲストが参加する結婚式の満足度に一番比重を置くのが披露宴の「料理」と言われています。
招待したゲストの満足度を優先した考え方としては間違っていないでしょう。
お金の問題でお父様が気になるようでしたら、料理のグレードを必要以上に下げるのではなく、 他の演出面などで削って、その分を料理にまわしたということを伝えるようにしましょう。
例えば、テーブルのお花の金額を抑えたり、ビデオ撮影を知人に頼んだり、席次表を自作したりして費用を捻出するのも良いでしょう。
「ゲストに感謝の気持ちがあり大切にしたいから、そこにいただいたお金を大事に使わせていただいた」
とお父様に伝えれば、お父様としても自分のお金が無駄に使われているという感覚が薄れていくでしょう。

披露宴のプロフィールムービーに使ってほしいという写真が自分は嫌

披露宴のプロフィールムービーの写真を選んでいる時に、母親が
「この時の家族の写真一番好きだから絶対使って!」
と言ってきました。
高校生の時の写真ですが、正直私はその写真が嫌いで、化粧をせずにニキビが目立っている顔が映っているので、人前で見せたくありません。
家族の写真としては楽しい旅行の写真なのでいいのですが、新郎や他の人には見られたくありません。

【対処方法】
何故その写真が嫌なのかをハッキリ伝えることが一番です。
「これは嫌」
とだけ伝えると、お母様もなぜ嫌がっているかが理解できないかもしれません。
今回であれば
「化粧もしていないし、ニキビが目立っているところが恥ずかくて彼や他の人に見せたくない」と伝えれば 女性として気持ちもわかってもらえるはずです。
その代わりに、家族で映っている自分が好きな写真を入れるようにすれば、お母様もきっと納得してくれるでしょう。

100%親の口出しを聞くと不満が残る!意見の優先度を決め感謝の気持ちも伝えよう

親と握手

結婚式は新郎新婦が主役です。
とはいえ、親の意見や要望をまったく聞かないとうまくいきません。

肝心なのは、自分たちの意見と親の意見が、
招待するゲストも含め全体として良い結婚式になるかどうかという点です。

良い結婚式にするためにはシーン別で考えると、自分たちの理想と親の意見を考えると区別がつけやすくなります。

もう一度ポイントをまとめます。

  • 挙式のスタイルは新郎新婦の理想、披露宴は親やゲストに喜んでもらえるものにすると、うまくいきやすい。
  • ドレスや披露宴の内容に親が意見を言ってきた場合、挙式と披露宴の各シーンにドレスの種類や様式を織り交ぜて、双方が納得できる方法を考えられるとベスト。
  • どうしても親の意見を取り入れられない場合は、何故できないかを明確な理由として伝え、同時に感謝の気持ちを言葉にすると、納得してもらえる可能性が高まる。

お父さんお母さんいつもありがとう

親への意見の伝え方としては、

「そんな意見聞けない!」

と批判だけするのではなく

「ドレスは彼女の昔からの夢だから叶えてあげたいし、理解してほしい」

要望として伝えるとスムーズにいくでしょう。

批判的に言うのではなく、
相手に自分の気持ちを正直に伝えるという方法であれば、ご両親に気持ちを理解してもらいやすくなりますのでおすすめです。

レン
レン

親をただ否定したり、無視するのではなく、
自分たちの正直な気持ちを伝え、親との気持ちの溝をうめていきましょう。

\ 結婚式に関わる家族の問題まとめはこちら /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました