結婚式のお金って後払いできるの?多くの式場が対応していない理由

後払いできる? 結婚式

一般的な結婚式の総額についての毎年の平均データは320万円ほどという結果が出ています。

300万円以上の大金を結婚式までに支払うことが難しいと感じている人にとっては、いただいたご祝儀を支払いに充てたいと感じるのではないでしょうか。

しかし、この結婚式代金の後払いに対応している式場は少なく、結婚式当日までの前払いを基本としている式場が大半です。

ではなぜ前払いの支払い形態を採用する式場の方が多いのか?
今回は他業種の例とともに、その理由を解説していきます。

レン
レン

ほとんどの式場は前払いが基本です。
何で後払いができる式場は少ないのでしょうか?
理由が知りたいですよね。

多くの結婚式場が「後日払い」に対応していない理由

できない

結婚式後に「払えない」という状況のリスク回避

結婚式を挙げたいけど貯金が不安なカップルにとって、後払いはとても助かりますよね。

しかし、請求する側の結婚式場からすると、後払いにはリスクが伴います。

結婚式を挙げた後に、もし支払いが滞ってしまうと式場は利益を計上できなくなります。

悪いケースの話をしますが、
結婚式を挙げたまま連絡が取れなくなってしまうと、式場はとても困りますよね。
このような「取りっぱぐれ」のリスク回避というのが、前払いが多く採用されている理由のひとつです。

新郎新婦に結婚式後に催促するとイメージダウンするから

もし後払いの支払い方式で結婚式をしたカップルが、支払いをしなかった場合(したくてもできなかった場合でも)、式場側は300万円を回収しなければいけません。

ただ、このお金の回収ってなんだか催促してくる借金取りみたいでイメージが悪いですよね。

式場はイメージが大事です。

もちろん、支払いをするという契約なのに、それを守らないサービス利用者の方が絶対的に悪いのですが、お金を回収するというイメージダウンを避けるということも理由のひとつでしょう。

人件費や外注費を確保しなければならないから

結婚式は多くの人件費が必要です。

挙式であれば、神父さんや楽器演奏者、司会や案内をするスタッフが必要です。
披露宴に関しても調理スタッフからホールスタッフ、照明や音響の技術スタッフまで複数人の人件費がかかります。

この人件費は事前に確保しておかないと、そもそも結婚式自体が回りません。

また、司会者や音響スタッフ、メイクや着付スタッフは式場の人材ではなく、外注業者であることが多いので、発注の時点で式場が支払いをしなければいけません。

このように、結婚式には多くの人件費がかかるので、事前に新郎新婦から支払いをしてもらう必要があるのです。

レン
レン

大きなお金なので「取りっぱぐれ」になるとダメージが大きいですし、「式場から催促がきた!」とかSNSで発信されるとイメージダウンにもつながりますもんね。
人件費の費用確保も、結婚式を遂行する上では必要なことです。

結婚式場だけではなく世の中の買い物(サービス)のほとんどは前払い

牛丼屋で例える「前払い」と「後払い」【リスクについて】

牛丼

大手牛丼屋チェーンである「松屋」や「すき家」は券売機で食券を購入する「前払い」ですよね。
一方、「吉野家」は牛丼を食べた後の「後払い」が基本です(今後変わるかもしれませんが)。

さて、この場合「食い逃げ」のリスクがあるのはどちらかを考えると、後払いの「吉野家」ですよね。

前払いの「松屋」や「すき家」は、先に食券を購入して支払い確認をとった上での牛丼の提供なので、食い逃げされるリスクはゼロです。

牛丼と結婚式では金額の差が大きいので話が違いすぎるかもしれませんが、リスクという意味では同じです。
結婚式場は「挙げ逃げ」されるリスク回避をしているので基本が前払いなのです。

買い物(サービス)の多くは前払い【支払いシステムの理解が深まる】

支払い

牛丼屋の例のように、飲食系サービスは後払いのケースが多いですが、世の中の買い物(サービス)のほとんどは「前払い」が基本です。

【前払いを採用しているサービス】

  • 電気屋でテレビや冷蔵庫などの家電を購入する
  • 電車や飛行機などの交通機関利用(切符を買う)
  • Amazonや楽天での買い物
  • スーパーなどで食品の買い物(レジ支払い後に商品を受け取れる)
  • テーマパークの入場券

上記のようなサービスは、サービス内容が確定しているので、前払いが可能です。
結婚式もサービス内容や、当日にかかる材料や人件費が確定できるので、前払いができるのです。

では、逆のパターンを参考にして理解を深めてみましょう。
後払いで代表的なものは次のようなものが多くあります。

【後払いを採用しているサービス】

  • タクシーの降車時支払い・・・走行距離によって支払い金額が変わる。
  • マッサージ・・・時間延長などが頻繁にある
  • 居酒屋などの飲食店・・・追加注文が基本
  • 病院・・・診察する内容によって金額が変わる

後払いを採用しているサービスは、サービス内容が確定していないことと、追加注文で売り上げを伸ばすことができることが特徴です。

例えばマッサージや居酒屋などであれば、金額が確定していないというこもありますが、後払いの方が追加注文が増えて収益を伸ばすことができます。

このような場合は、リスク回避よりも収益増加を重視した方が、商売としては売上が増えます。

レン
レン

サービスの業態によって「前払い」か「後払い」かが分かれるんですね。

結婚式場で後日払い(祝儀払い)をしたい場合【費用が気になる人へ】

結婚式の新郎新婦

それでも、やはり結婚式は数十万~数百万円のお金が必要なので、費用を考えるとご祝儀で支払いをする後日払い(または当時払い)を希望したいカップルも多いのではないでしょうか。

結論を言うと、結婚式場でも後日払いが可能です。

契約するサービスや支払い方法を変更すれば、ご祝儀をいただいた後の支払いが可能です。
前払いをする余裕がないけど、結婚式を挙げたい理由があるカップルもいるでしょう。

支払い面だけで結婚式を諦めるのではなく、後日払いの方法も検討したうえで検討するようにしてください。

レン
レン

結婚式場のほとんどは「前払い」ということがわかりましたが、方法によっては「後日払い」や「当日払い」もできますので、一度検討して結婚式の実現を模索してみましょう。

 

結婚式の支払いについてまとめています
\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました