貯金額が少なくて結婚式ができないカップルのケース

貯金が少ない 結婚式

現在の貯金額が少ない人は、結婚式ができないのでしょうか。
結論を言うと、カップルの貯金が少なすぎると支払いに対応できないので結婚式は挙げられません。
具体的な金額をもとに、貯金がないと結婚式が挙げられない理由をご紹介します。

レン
レン

僕は自分の貯金額に自信がなく、結婚式を先延ばしにしました。
たしかに、貯金が少ないと支払い自体ができません。

貯金額が少なくて結婚式ができないケース

貯金額30万円では300万円の前払いに対応できない

結婚式総額の平均は毎年320万円あたりを前後しています。
結婚式はほとんどの場合、総額を準備しておかないと支払いができません。

なぜなら、結婚式の支払いタイミングが、「前払い」の場合がほとんどだからです。前払いの場合、結婚式当日までに結婚式代金のすべてを支払う必要があります。

式場が「前払い」の場合は式までに全額を準備する必要がある

例えば、現在の貯金額がカップル合わせて30万円とします。
総額300万円の結婚式(挙式と披露宴)を挙げる場合は、300万円を結婚式前日までに支払わなければいけません。

ご祝儀を半分の額の150万円程いただいたとしても、それは結婚式当日以降に手元に残るお金なので、前日までに支払いをすることができません。

このように、貯金額が30万円しかない場合は、300万円の結婚式を挙げることができません。

貯金額が少ない場合にとる対策

MONEY

貯金が無い場合は前払いに対応できませんが、支払い方法次第では結婚式が可能になるケースもあります。
当日払いや後日払いであれば、手元に現金がなくても支払いを済ませることができるかもしれません。

また、クレジットカードやブライダルローンなどの利用も、貯金額が少ない場合の対策になることがあります。
まずは、結婚式の支払い方法について知ってから、今後の予定を考えるようにしましょう。

貯金が少ないことがネックで「入籍」を諦めてしまう男性が多い【事実】

GIVE UP

結婚式をしなければいけないという事が重荷になり、結婚自体を躊躇する男性も多いようです。
彼女が結婚式をしたいと言っているけど、貯金が少ないから難しそうと感じ、二人の入籍自体を先延ばしにしてしまうケースです。

このような場合、結婚式を入籍直後にしなければいけないという思い込みを捨てることをおすすめします。

入籍してからゆっくり貯金を始めて、1~2年後に結婚式をする人もたくさんいますので、貯金に余裕がなく結婚式がすぐにできないからと言って入籍自体も諦める必要はありません。

結婚式を焦り過ぎないようにしましょう。

300万円の結婚式をするなら150万円の貯金をしておこう

貯金

300万円の結婚式を考えている場合は、少なくとも半分の150万円は貯金しておきましょう。
150万円があるだけでは、300万円の結婚式はできませんが、残りの150万円は親に借りたり、クレジットカードを利用して乗り切ることができる可能性があります。
300万円の結婚式であれば、人数にもよりますが、ご祝儀で120~150万円くらいはお金が入ってきます。
そのお金を親に返せば親への借金は早めに返すこともできます。

また、自己負担額を抑えて100万円以内の支出で300万円クラスの結婚式ができるサービスなどもありますので、入籍後の1~2年間は節約しながら貯金をするようにしましょう。

レン
レン

入籍は先延ばしにしすぎない方がいいですが、結婚式はゆっくり貯金をしてからでも遅くありません。
まずは結婚式総額の半分を貯金することを目標にしましょう。
このブログでも300万円クラスの結婚式が自己負担額10万円くらいで収まる方法などもご紹介していきますので、今貯金が少ないからといって暗く考えすぎないようにしましょうね!

 

貯金の悩みついてまとめています
\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました