ゲストが満足するおもてなしをすれば結婚式の評価が高くなる

ゲストを大事に 結婚式

結婚式の成功とはどんなことでしょう?

結婚式の準備をしているカップルはこのような疑問が湧いてくることがあるのではないでしょうか。
もちろん新郎新婦である自分たちが楽しんで思い出に残ることが一番です。
しかし、成功したかどうかのカギは、実は参列してくれるゲストが握っています。

今回は、結婚式を成功させるためには「ゲストのことを考える」という重要性についてご説明します。

レン
レン

結婚式を成功させるカギは「ゲストのことを考える」ことにありそうです。

ゲストが満足するおもてなしをすれば結婚式の評価が高くなる

楽しい披露宴

結婚式の評価をするのはゲスト

結婚式の評価は誰がするものでしょうか?
それは、結婚式に参加してくれたゲストです。
結婚式が成功するかどうかは、ゲストが満足してくれるかどうかにかかっているといってもよいでしょう。
今後、結婚式をする予定がある人は、招待するゲストのことも考えながら準備をすすめていくことをおすすめします。

レン
レン

結婚式はお世話になっている人に感謝を伝えつつこれからの二人を見守ってもらうための誓いの儀式です。
参加してくださったゲストに喜んでもらえることが、結婚式の成功です。

主役の新郎新婦とゲストが満足できるのがベスト

良い結婚式だったかどうかは、ゲストの判断ですが、もちろん主役は新郎新婦になります。
新郎新婦が主役として楽しむことは前提として大事にしましょう。
ゲストに喜んでもらえることを重視しつつ、自分たちが満足できて思い出に残る結婚式がベストと言えるでしょう。

レン
レン

自分たちとゲストが満足できる結婚式になれば大成功ですね♪

「おもてなし」するという気持ちが成功につながる

お茶

ゲストが満足する結婚式を目指す場合は、「おもてなし」をする気持ちで考えていくと、きっとクオリティの高い1日になるでしょう。

料理はポイントの比重が高い

ゲストが結婚式に参加して重きを置くポイントは披露宴の料理です。
式場の豪華さなどに感激することもあるかもしれませんが、「一流ホテルだけど料理の品数が少なかった」となると、満足度は低くなってしまうでしょう。

料理のバリエーションを工夫したり、デザートビュッフェなどを付けるのも、ゲストに満足してもらうためのひとつの手段になるでしょう。

レン
レン

料理はゲストの満足度に直結するとよく言われます。
男性、女性の両方が喜ぶ内容を考えると良いですね。

「おもてなし」を取り入れた心配り

披露宴の料理などで工夫するのもありですが、挙式までの時間や挙式と披露宴までの間の時間にもてなすこともできます。

実際に良いと感じた例では、挙式と披露宴までの間にウェルカムドリンクと一緒に”ヘパリーゼ”や”ウコンドリンク”を置いておくなど、これからお酒を飲む人への気配りができます。
式場によってはできることに制限があるかもしれませんが、参加するゲストの特性なども考えて、1~2万円ほどでできるちょっとした気配りで喜んでもらえることもあるので考えてみるのも良いでしょう。

レン
レン

ちょっとした気配りが、大事にされているという印象を持ってもらうきっかけになります。

ゲストが登場するコンテンツを考えるのがマル

各グループのゲストが参加するゲームや寸劇は盛り上がる

スマホを持つゲスト

例えば、ゲストの各テーブルから参加するゲームや、それぞれのグループの代表が参加してストーリーをつなげる寸劇などを事前に準備しておけば、披露宴に参加しているみんなが楽しめます。
人前に出るのが苦手な人がいる場合もありますので、学生時代の同期グループから1人、社会人になってからの知り合いから一人、など各グループで目立つのが得意なメンバーを人選すると盛り上がります。

レン
レン

恥ずかしがりな人に無理をさせないように、みんなが興味を持てるコンテンツを入れると全体が盛り上がる披露宴になります。

ムービーでゲストを参加させる

披露宴撮影

また、少し大変ですが、100日ムービーで全員に動画メッセージをもらってムービーとして上映するのもおすすめです。自分が登場するとわかっているので、全員が興味深く観る事ができます。

プロフィールムービーでも、ゲストの写真をちりばめると、自分が登場して嬉しいものです。学生時代の写真や、社会人時代の写真では、できるだけ多くのゲストも登場するような作りにすると良いでしょう。

他にもエンドロールで全員にメッセージを送るようにすれば、一人一人に感謝を伝えることができ、ゲストからしても「今日は来てよかったな」と感じてもらいやすくなります。

レン
レン

ムービーはゲストを間接的に参加させやすいコンテンツです。
ムービーを作る時は、自分たちのことだけではなく、ゲストとのつながりを組み込むと良いものになります。

贈り物はケチらない!感謝の気持ちを

感謝

結婚式の贈り物はできるだけケチらないことをおすすめします。

例えば、ゲストに渡す引き出物などは、できるだけグレードを下げない方が良いでしょう。
親族や会社の上司などのグレードを上げる代わりに、他のゲストの引き出物を下げ過ぎてしまうと、下手をすれば「ケチったな」と思われてしまうこともあります。

引き出物は1000円グレードアップすると、50人の場合なら5万円の値段上昇があるので控えがちですが、値段は下げ過ぎない方が無難です。
披露宴のテーブルの花のグレードを上げるくらいなら、引き出物の値段をキープする方が良いと思います。
良い贈り物をもらえば、帰った後もそのゲストの家族に喜ばれたり、参加者からの評価が上がりやすくなります。

レン
レン

贈り物は感謝の気持ちを持って帰ってもらうものです。
休みの日にご祝儀を持って参加してくれるゲストへの感謝は、贈り物でも伝えるようにしましょう。

挨拶ではゲストへの感謝をしっかり伝える

挨拶

披露宴の際の挨拶など、ゲストに対する感謝はしっかり伝えるようにしましょう。
自分たちの家族だけに感謝を伝えるのではなく、忙しい中時間をつくってくれた友人や会社関係の人にもしっかり感謝を伝えましょう。

「ありがとうございます」
「お集まりいただいたことが何よりも嬉しいです」
「お気をつけてお帰りください」
「今後ともよろしくお願いいたします」

など、自分の気持ちや今後もお世話になることもしっかり伝えることが大事です。

プログラムにおもてなしを盛り込むことも重要ですが、ハッキリ言葉としても伝えるようにしましょう。

豪華であれば満足するとも限らない!?喜ぶポイントを考える

ナチュラルな披露宴

ゲストが喜ぶという点は分かりづらいものです。
ご祝儀を持って参加した結婚式で、いかにも安っぽい料理などが出てきたらそれはがっかりしてしまいます。

とはいえ、いくら豪華な結婚式にしても、ゲストが満足しなければ、それは成功とは言えません。
注目すべき点は参加するゲストがどのようにすれば楽しめるか、感謝が伝わるかを考えることが重要です。

豪華な会場はゲストからしても非日常的で喜ばれる要素でもありますが、「豪華=評価が高い」ではないことに注意しましょう。

「ゲストにとって嬉しいことは何か?」を常に考えながら、結婚式の準備を進めるようにしましょう。

レン
レン

自分たちの押し付けにならないよう、ゲストが喜ぶことを基準に準備を進めることが、結婚式の成功に結び付くでしょう。

良い結婚式にするための秘訣をまとめています
結婚式準備中の人にオススメ!
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました