結婚式の割引ってどんな方法があるの?値下げ幅が大きい割引の特徴

結婚式

結婚式は割引があるかないかで総額が大きく変わります。
今後結婚式を考えているカップルは「割引を知らないと損をしてしまいそう」と感じているのではないでしょうか。

今回は、結婚式でよくある割引について、実際のプランなどを参考にご紹介します。
当てはまる割引を参考に、結婚式のプライスダウンを考えましょう。

レン
レン

割引を利用するかしないかで、結婚式の総額は大きく変わります。
利用できる場合は損をしないように活用しましょう!

結婚式の割引ってどんな方法があるの?【割引の種類】

代表的な結婚式検索サービスを引き合いに、結婚式の割引にはどのような種類があるかをご紹介していきます。

ゼクシィの花嫁割は多彩

ゼクシィ花嫁割

リクルートが運営している、結婚式検索サービス大手のゼクシィですが、割引に関しては多彩です。
ゼクシィには「花嫁割」という割引サービスがあり、様々な種類の割引で構成されています。

直前割 直近の日取り限定のプラン
少人数割 招待ゲストが少人数限定プラン
大人数割 招待人数が大人数限定プラン
平日割 平日結婚式限定のプラン
おめでた婚割 妊娠されている花嫁を応援するプラン
期間限定割 指定された期間限定のプラン
日取り限定割 指定された日取り限定のプラン
時間帯限定割 指定された時間帯限定のプラン
早期申込割 指定された時期までにお申し込みいただいた方限定のプラン
式場特別割 結婚式場が特別な理由でおトクに設定したプラン

参考:ゼクシィ「ゼクシィ花嫁割とは?」

王道の期間系割引や日時系割引だけではなく、
マタニティ系の「おめでた婚割」や人数によっても価格が下がる「少人数割」や「大人数割」があります。

ゼクシィでは式場によって対応している割引があるので、気になる式場がある人はゼクシィの式場ページでどんな割引があるかチェックしてみましょう。

レン
レン

ゼクシィの割引は様々ですね。
結婚式の割引ってたくさんあることがわかります。

ハナユメは定番の直前割引系

ハナユメトップ

テレビCMでも話題のハナユメは、半年以内の結婚式が最大100万円以上安くなる「ハナユメ割」が有名です。

「ハナユメ割」は半年以内の割引に特化したサービスになります。

半年以内という条件にプラスして、下記のような条件が組み合わさるとさらに値段が下がるようです。

【半年以内以外におトクになる時期】

  • 季節(夏・冬が安い)
  • お日柄(大安以外が安い)
  • 日時(土曜日の昼より日曜の夜が安い)

条件次第では100万円以上の割引が発生するようですね。
ハナユメのサイトは各式場の「ハナユメ割」の情報が載っています。

レン
レン

半年以内の直前割引を「ハナユメ割」と呼んでいるんですね。

プラコレウェディングは様々な割引

プラコレウェディングトップ

「ウェディング診断」をすると、たくさんの式場のオトクなプランが送られてくるプラコレウェディング。

「ウェディング診断」時に、条件を指定する画面があり、割引率が最小から最大まで選べます。
プラコレウェディングの割引が発生するプラン(条件)には下記のようなものがあります。

【プラコレウェディングの割引条件】
※下に向かうほど割引率が大きくなります。

  • 日曜プラン
  • 夏プラン
  • ナイトプラン
  • 仏滅プラン
  • マタニティプラン
  • 6ヶ月以内プラン
  • 3カ月以内プラン
  • 平日プラン

「平日プラン」が一番割引が大きくなるようですね。
その次に「3カ月以内プラン」「6ヶ月以内プラン」と割引が大きい順になります。
もし「3カ月以内の平日が可能」な人であれば、かなり格安のプランが送られてきます。

レン
レン

プラコレも割引の種類が多いですね。
条件を選ぶと割引プランが送られてくるところがおもしろいです。

値下げ幅が大きい割引の特徴は「直前」と「日時」

結婚式を探す各サービスでは、各社様々な割引サービスがありますが、
やはり値下げ額が大きい割引の特徴は「直前」と「日時」の条件に適った時のようです。

「3カ月以内・6ヶ月以内」や「日曜日・平日・仏滅・ナイトウェディング」などを選択すると、各社の割引は大きくなります。

レン
レン

期間や日時にこだわりがない人は、この手の割引を利用するとおトクになりやすいようです。

割引を知らないと損をする!

失敗

同じ結婚式でも、割引を使用するかしないかでは金額に数十万円、時には100万円以上の金額の開きがあります。
割引を知らないまま式場と成約してしまうと、同じ結婚式でも損をしてしまいます。

レン
レン

内容が同じ結婚式であれば、割引を使用して支払い総額を下げた方がかなりおトクですね♪

結婚式をオトクにするには割引を最大限活用

喜ぶ男性

結婚式の割引は大きいので、契約前に割引がどれくらい可能かを上記のようなサイトで検索してみることをおすすめします。

割引を使用して、今後お金が必要になる結婚生活のために出費を軽くするようにしましょう。

レン
レン

割引情報を知っているか知っていないかでは大きな金額の差がでますね。
式場を成約する前に、割引サービスをチェックしておきましょう!

これから式場のブライダルフェアに参加するカップルは、割引なども含め、参加前に準備をしっかりしておきましょう。

\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました