結婚式って高すぎる!ブライダル系がなぜ高額になるかを暴露します

高すぎる 結婚式

結婚式って高すぎる!と感じたことはありませんか?
たった一日で300万円以上のお金が動くってなかなかのことですよね。

ではなぜ結婚式は高額なのでしょうか?
妥当で適正な金額なのでしょうか?

答えはノーですが、ではなぜみんな高額と感じながらも納得して支払うのでしょうか?

今回は結婚式が必要以上に高額になってしまう理由を暴露するとともに、高額になることを防ぐ方法もご紹介します。

レン
レン

僕も結婚式の準備をしている時は、「高い!」と感じながらも頑張ってお金を工面しようとしていました。
結婚式がなぜ高くなるかは理解しておいた方が良さそうです。

結婚式って高すぎる!高額になる原因を暴露

一番の原因は「ブライダル価格」

結婚式に関するものは「ブライダル価格」という高額な価格設定で、一般的な価格の2~5倍くらいします。
ドレスレンタル、ペーパーアイテム、ドリンク代、お花代など、結婚式をする上で購入するものは高額になります。
高額になる理由は、式場側はビジネスを継続するために維持費が必要だからです。

「ブライダル価格」だとペーパー系アイテムが高い

招待状

結婚式に招待するためゲストに招待状を送ります。
この招待状は、式場にもよりますが一通あたり500円ほどします。
内容は、封筒+メッセージカード+返信用ハガキだけなのに高額です。

500円くらいならそれほど高くないんじゃ?
と感じるかもしれませんが、一般的なものと比べると明らかに高いですよ。

しかも、住所を書いたり、切手を購入して住所を書いて郵送するのは新郎新婦なので、式場から購入するのは紙とテンプレート文章なのに500円です。
テンプレートを大量購入すれば、ふつうもっと安くなります。
一般的な原価や価格設定を見れば、このようなテンプレートの紙商品は半分以下の金額になるでしょう。
なぜ倍近くの金額になるかというと、式場側が利益を伸ばすためです。

レン
レン

普通の文具店やショップで売ってる同じようなセットは200円前後でありますよね。
倍以上するのはやはり「ブライダル価格」なんですね。

「ブライダル価格」だとドリンク代が高い

披露宴ドリンク

「ブライダル価格」をドリンクで例えてみましょう。
披露宴のゲストのドリンク代(ジュースやお酒の飲み放題)は3000円ほどします。
でも、居酒屋で飲み放題を付けると1000円~1500円、プレミアム飲み放題にグレードアップしても2000円くらいじゃないですか?
しかも結婚式のドリンクって、3000円くらいだとビールとウイスキーとサワーくらいしか注文できません。
さらに飲み物の種類を増やしたいなら、4000~5000円にするか、バイオーダーになります。
こう考えると、結婚式のドリンク代って高いですよね。
料理は作るシェフによって値段が変わるのは分かりますが、ドリンクに関しては居酒屋で飲めるものと内容は変わりませんよね。
高くなってしまうのは、式場が利益を伸ばすための価格設定(ブライダル価格)だからです。

レン
レン

結婚式のドリンクメニューってそれほど高価なお酒があるわけじゃないですもんね。
普通の居酒屋と内容は変わらないのに高いですよね。

「人件費・建設費・施設維持費」が必要だから高額になる

結婚式場

ではなぜ、一般的な価格設定より高い「ブライダル価格」になってしまうのでしょうか?
それは、結婚式場を維持していくためには、人を雇う人権費や、チャペルや披露宴会場などの建設費や施設維持費を払っていく必要があるからです。
この維持費をまかなうためには、新郎新婦の結婚式代金に上乗せしていくしかありません。

レン
レン

結婚式場もビジネスなので、利益を伸ばすこと自体は仕方ありません。
ただ、新郎新婦もその維持費の支払いに加担しなければいけないというのはちょっとしんどいですよね。

高額でも成り立っている理由

一般的な感覚からすると「高い」と感じる結婚式の各項目ですが、なぜか誰もつっこみませんよね。
その理由には以下のようなものがあります。

「結婚式=プライスレス」というイメージが根付いている

結婚式思い出

結婚式は「思い出」というプライスレス(値段を付けられないもの)なことにお金を払っています。
「一生に一度だから」「思い出に残るから」「素敵な一日にするために」というプライスレスなことには価値を感じやすくなります。
しかし、注意すべきなのは、人は限定的で希少なことをアピールされると金銭感覚が鈍り、必要以上に支出をしてしまうことです。

「お二人の大切な思い出のために」

などのフレーズを言われると、普通なら1万円が適正価格のものでも10万円を支払ってしまうこともあるのです。
このように「結婚式=プライスレス」というイメージが、結婚式が高額なことを肯定するひとつの要因になっています。

レン
レン

プライスレスってそもそも曖昧なものです。
金額が上がる根拠としては薄めですよね。

新郎新婦が「初心者」であり「リピーター」にならないから

初心者マーク

結婚式の高額な価格設定が改善されない原因のひとつとして、
サービスを利用するユーザーである新郎新婦が、みんな「初心者」であり「リピーター」にならないからです。
初婚で結婚式をする新郎新婦はみんな知識のない初心者です。

「結婚式ってこれくらいかかるものなんだなぁ」

と、知識がない初心者は納得しやすいので、利用者側からの意見が出てきません。
また、結婚式は基本的には人生で一回きりで、何度もすることがありません。
なので、リピーターになる層が他業種と比べて圧倒的に少ないのです。
仮に結婚式にリピーターがいる場合をイメージすると、次のような意見が出てくるはずです。

 

「お色直しはそれほど必要なかったので、今回の衣装は一着でいいです」

「お花は誰も見ていなかったので、今回は最小限でいいです」

「よく考えると招待状はLINEで聞ける人ばっかりなので購入しません」

 

このような意見がリピーターから出てくると、確実に結婚式用品の価格競争が起こります。

しかし、ブライダル系にはリピーターユーザーがいませんし、人生で一回きりなのでリピートがないことが価格が下がらない要因でもあります。

【ユーザーから価格改善が起こらない原因】

  • 初めてだから比較情報が乏しい
  • 経験がないから適正価格かどうかを疑わない
  • 金額が正当だと信じやすい
  • リピートしないから金額を下げようとする機会がない
レン
レン

ほぼ100%が初心者な結婚式は、もともと価格への疑問が起こりにくいんですね

結婚式は高額なまま?今後は適正価格のサービスが増える

見つめ合うカップル

「結婚式の価格ってやっぱり高いまま?」 今後結婚式を考えている人は気になるところではないですよね。

価格自体が大幅に変わることはなかなか起こらないかもしれませんが、 結婚式を適正な価格で行うことができるサービスは増えてきています。

「ブライダル価格」を省いた結婚式が可能な「プロデュース型」と呼ばれるサービスです。

しかも、結婚式のクオリティをキープしたまま、新郎新婦が希望する点にフォーカスするようなサービスです。
今後はこのようなユーザーが価格的にも納得できるサービスが支持され、業態も増えていくでしょう。

レン
レン

「ブライダル価格」に疑問を抱いている人は、「プロデュース型」の結婚式サービスを一度チェックしてみるのも良いでしょう。

見積りの基本についてまとめています
\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました