費用に悩まず結婚式を実現!「総額」ではなく「自己負担額」で考える

総額?自己負担額? 結婚式

他の人の結婚式費用を参考に見た時「高い」と感じたことはありませんか?
「総額でだいたい300万円かかる」 なんて聞くと、

「俺の貯金額では届かない・・・」

と思うかもしれません。

しかし、総額が実際に自分たちが支出する金額ではありません!

結婚式の費用は総額ではなく自己負担額で考えることが大事です。
自己負担額が明確になれば、無理だと感じていた結婚式が実現可能になるかもしれません!

レン
レン

彼女が憧れている結婚式を、お金のせいであきらめなくて済むかもしれません。
今回は、式場に支払う総額と、自分たちが負担する自己負担額の違いについてご説明します。

「総額」より「自己負担額」で考えると結婚式が実現できる!?

プロポーズ姿

総額は実際に支払う金額だが「支出する金額ではない」

総額とは結婚式場に支払う金額のことです。
挙式と披露宴がある結婚式の総額を出す場合、一人頭5~6万円で計算されることがよくあります。
今回は一人頭5万円で計算し、60名のゲストを呼ぶとしましょう。

【ケース:ゲスト60名の場合】
60名×5万円=300万円

このように、式場に支払う総額は300万円くらいになると予想ができます。
(注:披露宴の料理や引き出物、会場の使用料などを含んだ平均的な結婚式の費用として算出しています)

しかし、実際にカップルが負担するお金は300万円ではないことが大半です。

ご祝儀で返ってくるお金がある!【自己負担額の計算方法】

自己負担額は、総額からご祝儀などで返ってくるお金を差し引いた金額です。

ご祝儀は招待するゲストの属性によっても大きく変わりますが、
ここは一般的な3万円で計算してみましょう。

【ケース:ゲスト60名の場合】
60名×5万円-60名×3万円=120万円
(300万円-180万円)

平均的な金額で計算すると自己負担額(カップルの支出)は120万円になりますね。

総額に達する貯金がなくても結婚式はできる

結婚式の総額はよく300万円くらいといわれますが、
貯金が300万円ないと結婚式ができないというわけではありません。

先ほどの招待ゲスト60名のケースで言うと、自己負担額は金額は120万円になります。

つまり、総額300万円の結婚式でも、必要なお金は120万円ほどということになります。

レン
レン

事前に準備しておくべき金額は総額まで貯まっていなくても良いんですね。

【注意】ご祝儀をもらう前に総額は支払わなければいけない!?対策もご紹介

ご祝儀

総額は結婚式当日までに支払う場合が大半

ここで注意したいのが、先ほどの総額300万円は結婚式前に式場に支払うのが基本です。

ご祝儀払い(結婚式後)などに対応してくれる式場もありますが、大半の式場は事前支払いになります。

レン
レン

自己負担額で安いと感じても、式場に支払う金額はやはり総額になります。
総額の支払いを乗り越えるためのいくつかの方法をご紹介します。

【対策1】クレジットカード払いで翌月に支払うことができる

クレジットカード払いに対応している式場に限ってですが、
総額300万円の場合、180万円を先に支払い残りの120万円をクレジットカード払いにすれば、
クレジットカードの引き落としは結婚式より後になるので、ご祝儀で支払うことができます

この場合の注意点は以下になります。

  • 式場がクレジットカード払いに対応しているか
  • 自分のクレジットカードの支払い限度額がないか(クレジットカードの支払い限度額は上げることができます)

【対策2】親に借りて結婚式後に返す

結婚式の総額が300万円で、自分たちの貯金が120万円あったとします。

残りの180万円が足りないわけですが、
両家の親にお願いして90万円ずつ借りることができれば、結婚式前に全て支払うことが可能ですよね。

結婚式後にご祝儀が180万円いただければ、結婚式の翌日にでもお金を返すことができます。
確実に返せるとわかっていれば、ご両親も協力してくれるのではないでしょうか。

【対策3】結婚式ローンを組む

結婚式に特化したローン会社も存在します。
比較的低金利で借りることができ、毎月少しずつ返済することができます。

親からお金を借りられない場合や、結婚式をどうしても早く挙げておきたい場合には選択肢のひとつになるかもしれません。

レン
レン

結婚式の後に請求があれば、事前に貯金が貯まっていなくてもご祝儀でカバーできるということです。

自己負担額が思ったよりも安い!でも注意しておくべきポイント【重要】

支払い方法

ゲストのお車代や宿泊費も考えておく

遠方から参列してくれるゲストがいたり、親戚を宿泊込みで招待する場合、お車代や宿泊費がかかります

これらは、式場に支払う総額とは別でかかるお金なので、自己負担額にプラスして考えておく必要があります。

お車代や親戚の宿泊費は両親が支払うことが多いようですが、事前にしっかり確認しておきましょう。

タクシーチケット代は結婚式後に請求される

電車の駅から式場が遠くシャトルバスを手配できない式場の場合などは、
タクシーチケットを招待状とともにゲストに渡すことになります。

タクシーチケットはゲストが利用した分だけ、結婚式の後日に請求されます。
タクシー代といえど、たくさん利用があった場合は、数万~数十万になることもありますので注意が必要です。

ゲストがタクシーを利用された場合のMAXの金額も予想しておきましょう。

支払い金額はギリギリで考え過ぎると危険

支払いのために準備する金額をギリギリで考え過ぎると、思わぬ出費があった場合に支払いができなくなり危険です。

例えば、結婚式直後に引っ越しを考えている場合など、
賃貸物件の敷金礼金や引っ越し費用などでお金が数十万円必要になることもあります。

結婚式の自己負担額はギリギリで考えていると、結婚生活に必要なお金が支払えなくなりますので、余裕を持って考えておくことをおすすめします。

ご祝儀は少なめに予想しておく

予想していたご祝儀より少なかった場合でも対応できるように、最初から低めに考えておきましょう。

ご祝儀払いに頼りすぎていると、実際に思っていたより少なかった場合に対応できなくなってしまいます。

結婚式後の生活資金も残るようにしておく

結婚式が終わればすべてが終了というわけではありません。

結婚生活はその後も続いていきますので、自分たちの生活資金は余分に残しておくようにしましょう。

貯金をすべて結婚式で放出してしまうと、その後の生活がしんどくなってしまいますので注意が必要です。

レン
レン

結婚式前後は色んな事でお金がかかることが多いので、
なるべく余裕をもって考えておきましょう!

自己負担額を知れば結婚式は実現できる

寄りそうカップル

総額300万円では手が出ないと考えていた結婚式も、
自己負担額を知り、実際の支出が120万円と考えると実現が近く感じるのではないでしょうか。

ご祝儀などのバックを考えると、支出は総額の半分以下になることが多いようですね。
彼女と相談して、式場への支払い方法や自己負担額の予算を考えてみましょう!

また、
最近では無駄をはぶいて自己負担額自体を抑えられる結婚式のプロデュースなどもありますので、
結婚式を諦める前に色々調べてみれば、意外と手が届くものがあるかもしれません。

レン
レン

結婚式を諦める前に、
総額ではなく自己負担額でもう一度考え直してみましょう!

見積りの基本についてまとめています

 

\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました