「プロデュース型」の結婚式で100万円以上が浮くことも

プロデュース型で100万円浮く 結婚式

参加者70人ほどの結婚式費用は、全国の平均で350万円前後と言われます。
平均でそれくらいかかると言っても、一般的な金銭感覚で考えると高い買い物ですよね。

実は結婚式の費用は、申し込むサービスによって大きく金額が変わり、同じ会場で挙げたとしても、場合によっては100万円以上の差が出ることがあります。
申し込み方法によっては、費用に大きな差が出てしまう可能性があるのです。

今回は結婚式は安くできるという事実と、その理由をご紹介していきます。
費用を大幅に下げるおすすめの方法も紹介しますので、ぜひご参考ください。

この記事はこんな人におすすめ

  • 結婚式を挙げたいけど貯金に余裕がない
  • 式は節約してその後の結婚生活や新婚旅行にお金をかけたい
  • 式に招待する知人のお車代がかかりそうで挙式や披露宴の方で資金をおさえたい
  • 結婚式の費用を浮かせて車や家などの購入資金にまわしたい
  • 式場の「持ち込み料がかかるシステム」に不満を感じている
  • 同じ内容の結婚式なら安い方で申し込みたい
  1. 結婚式は100万円以上浮くことも
  2. 挙式や披露宴の価格が高くなる3大理由
    1. 【高額になる理由①】打ち合わせの度に式場側がアップセルを行っている
      1. アップセルで少しずつ上がる結婚式費用
      2. 打ち合わせの度に上がる見積もり!気づけば数十万円の費用増額に
    2. 【高額になる理由②】なにごともブライダル価格で高額
      1. 提携業者との間に生まれるマージンを新郎新婦が負担している
      2. 「ブライダル価格」は業者のマージンと式場の言い値
    3. 【高額になる理由③】自作にしても持ち込み料がかかるから高額になる
  3. 余分な3つの要素を無くせば結婚式は安くなる?でも初めてのカップルには難しい・・・
    1. 【難しい理由①】挙式・披露宴内容のグレードアップを断り続けると結婚式自体がみすぼらしく感じる
    2. 【難しい理由②】ブライダル価格は決まりごとなので変更できない
    3. 【難しい理由③】持ち込み料は式場の提携業者がある限り無くせない
  4. 余分なものをはぶいて結婚式が低価格!「プロデュース型」の3つの強み
    1. 【強み①】予算内で完結!アップセル無しで初期見積もりから金額が増えない!
    2. 【強み②】適正価格!維持費や業者マージン無しでブライダル価格にならない
    3. 【強み③】持ち込み料がかからない!ドレスやアイテムは幅広く自由に選べる
  5. 結婚式の質はキープ!価格だけ下げることが可能!
  6. プロデュース型の弱点!?式場が厳選されている
    1. プロデュースできない式場がある
    2. 一流ホテルもあり!限られてはいるが良い式場がたくさん
  7. 100万円レベルの削減が可能!場合によっては費用が0円やプラスになることも!
  8. プロデュース型結婚式で有名なサービス

結婚式は100万円以上浮くことも

PRICE

高額な費用が気になり、挙式や披露宴を躊躇しているカップルは多くいるようです。

価格が下がれば結婚式を前向きにすすめたいのに

と悩む方は多いのではないでしょうか。

そんな方にお伝えしたいのが

「結婚式の費用は下げられる」

ということです。

中間業者のマージンや目に見えない余分なサービスを減らすことで、
実質的に自己負担額を100万円以上下げることも可能です。

費用を下げるというよりは、
余分なものを差し引いた適正価格で結婚式が挙げられるという言い方の方が正しいかもしれません。

挙式や披露宴の価格が高くなる3大理由

座る新郎新婦

なぜ結婚式の費用は高額なのでしょう。
結婚式が高額になる理由についてご紹介していきます。

【高額になる理由①】打ち合わせの度に式場側がアップセルを行っている

アップセルで少しずつ上がる結婚式費用

アップセルとは、顧客が最初に求めていた商品やサービスのよりも、高い価格のものを購入してもらうようにシフトさせる販売手法です。
式場側は新郎新婦に確認を取りながらも、値段が高いプランなどにシフトしてもらう提案をする場合があります。

例えば、小さいもので言うとゲストに送る招待状の種類です。
1通500円でできるものをデザインが違う800円のものを提示されたとします。

「せっかくだからこっちにしようか」

と、800円の方を選ぶとします。500円の場合と比べ、1通あたり300円の増額になります。
これを招待する人数が60人と仮定し計算すると18,000円の違いが出ます。

アップセル図

打ち合わせの度に上がる見積もり!気づけば数十万円の費用増額に

18,000円くらい増えてもいいかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、「感応度逓減性(かんのうどていげんせい)」といって、
人は高額な買い物をする時に金銭感覚がマヒしやすくなります。

普段の買い物で18,000円のものを買う時であれば、すこし迷いませんか?
しかし、
結婚式のような数十万~数百万の単位の話をしていると、普段と比べ金額に対する感覚が大雑把になります。

「18,000円上がるくらいならいいか」

と感じやすい状態になっているのです。

この状態の時に、
招待状、席次表、花、料理、引き出物、ゲストのドリンクメニューなどが提案され、その都度グレードアップしていくと、最終的な見積もり金額が数十万円が上がっていることがあります。

式場側は新郎新婦との打ち合わせのたびに、小さい提案をいくつかしてくるでしょう。
ひとつひとつが数百円の違いでも、
最終的な見積もりを見ると「最初の時点より数十万円上がってしまった」という話はよくあります。

【高額になる理由②】なにごともブライダル価格で高額

提携業者との間に生まれるマージンを新郎新婦が負担している

式場は結婚式や披露宴に必要なドレスや引き出物、披露宴に飾る花の業者などと提携しています。
他にも招待状や、席次表など、各業者への中間手数料としてマージンが発生しています。
言いかえれば、新郎新婦は式場が受け取るマージン分を負担していることになります。

「ブライダル価格」は業者のマージンと式場の言い値

「ブライダル価格」と言われる式場の高めの価格設定は、提携業者のマージンと結婚式場の「言い値」から生まれています。

衣装を一着レンタルするだけで20万円かかったりします。
1日レンタルするだけなのに高いですよね。
そして、この20万円の価格設定の根拠は曖昧な言い値でしかありません。

【高額になる理由③】自作にしても持ち込み料がかかるから高額になる

ブライダル価格が高いと感じ、費用をおさえたいカップルは

「他の業者で低価格なものを見つけて使用したい」

と感じるでしょう。

しかし、式場で提携業者以外のアイテムを使用する場合、『持ち込み料』というものがかかってしまいます。

例えば、
式場が提携しているドレスブランド以外の低価格なレンタルドレスを使用したいと思っても、衣装の持ち込み料として数万円~数十万円がかかります。

式場側からすれば外部から持ち込みをされると、提携業者からのマージンがないので利益が減ってしまいますので、その代わりとして持ち込み料を請求するのです。

とある式場では、ドレスを新郎新婦側で用意しただけで10万円の持ち込み料がかかります。
この10万円って、どういう内訳でしょうか?
それは、「本来なら提携しているドレス会社から式場に入るはずだったマージンの代わり」
というものです。
カップルからすると、わざわざ低価格のレンタルショップを見つけても、10万円上乗せされるなら、式場で頼んだ方が楽に感じ、持ち込みをやめるケースがあります。

余分な3つの要素を無くせば結婚式は安くなる?でも初めてのカップルには難しい・・・

悩むカップル

ご説明したとおり、
結婚式が高額になる3つの要素が、
全体の予算を引き上げる大きな要因です。

  1. アップセル
  2. ブライダル価格(中間マージンが上乗せされたもの)
  3. 持ち込み料

逆に言えば、これらを無くせば結婚式の費用は大幅に削減されます。

しかしながら、
結婚式が初めての新郎新婦がこれらの費用を削減するのは難しいでしょう。
頑張って低価格のものを探しても、持ち込み料が設定されている限り大幅な値下げは難しく、手間だけが増えてしまうでしょう。
削減が難しい理由を3つ紹介していきます。

【難しい理由①】挙式・披露宴内容のグレードアップを断り続けると結婚式自体がみすぼらしく感じる

ゲストに送る招待状、当日の料理やドリンクの種類、披露宴の花などのグレードをスタンダード(普通)のままでいくと、どこか華やかさが足りなくみすぼらしく感じてしまいます。

また、ゲストを大切に思う新郎新婦であればあるほど、式場側のアップセルに対してグレードを上げやすい傾向にあります。

「一生に一度の結婚式だから華やかにしたい」
「せっかくみんな来てくれるから料理の品数を増やしたい」
「披露宴は華やかにしてゲストをもてなしたい」

など、人生に一度の希少性やゲストを思う気持ちが、費用が増えていく要因となってしまうのです。

【難しい理由②】ブライダル価格は決まりごとなので変更できない

ブライダル価格を安くしてほしいと思っても、
そもそもその式場で決まっている金額なので大幅な値下げはできません。

契約前に値切り交渉をすれば、多少は割引をされたり、得点が付くこともありますが、それは式場側の想定内の値切り幅です。

式場は想定内の値切り幅から、後々のアップセルなどにより利益の増額ができます。
新郎新婦からすると、
値下げができたと思っていたけど、最終的にそれほど見積もりが安くなっていない」

という結果になることの方が多いでしょう。

また、
大幅な値切りが成功しやすいのは、時期やお日柄が
式場にとって値下げをしてでも契約がほしい場合です。
しかし、新郎新婦にも希望の日程がありますし、値下げのために日程を犠牲にすることに躊躇してしまうかもしれません。

【難しい理由③】持ち込み料は式場の提携業者がある限り無くせない

持ち込み料も式場で決まっているルールなので動かすことはできません。
式場では提携しているドレスショップや引き出物の業者が決まっている場合がほとんどです。

式場が提携している業者があり、そこからマージン料を受け取っている業態であるかぎり、持ち込み料を無くすことはできません。
とはいえ、持ち込み料がなければ、式場側も赤字になってしまうので、経営をしていく上では必要なものなのです。

余分なものをはぶいて結婚式が低価格!「プロデュース型」の3つの強み

電卓を持つ女性

費用をおさえつつも素敵な結婚式にしたいという新郎新婦におすすめなのが、
『プロデュース型』の結婚式です。

式場で価格や流れが決まったプログラムにするのではなく、新郎新婦がしたい結婚式をプロデュースしてくれます。

いわば、
プロが結婚式の要望を実現化してくれるということですね。
しかも、式場という大きな不動産を抱えていないのでフットワークが軽く、低価格の結婚式が可能なのです。
プロデュース型の会社の強みを3つご紹介していきます。

【強み①】予算内で完結!アップセル無しで初期見積もりから金額が増えない!

プロデュース会社は新郎新婦が望む結婚式を形にするためのサポートをしてくれます。

おすすめな点としては、最初に出された初期見積もりから金額が上がることがなく、確実に予算内で完結するところです。
新郎新婦が提示した予算内で、最大限のクオリティで料理やドリンクメニューなどを提案してくれます。

もちろん打ち合わせの度にアップセルされることもないので、
知らない間に見積もり金額が上がってしまっていたということもありません。

【強み②】適正価格!維持費や業者マージン無しでブライダル価格にならない

プロデュース型の会社は、
一般的な式場と違い会場の建設費や維持費などがないので、ランニングコストがかかりません。

また、
提携業者の指定もないため中間マージンがなく、その分新郎新婦の負担を少なくすることが可能なのです。

式場の運営費という本来新郎新婦に関係無いものが上乗せされないので、高額なブライダル価格にならず、結婚式自体を安くできるのです。

【強み③】持ち込み料がかからない!ドレスやアイテムは幅広く自由に選べる

プロデュース型は、
指定業者や業者との独占契約がないので、持ち込み料というシステムがそもそもありません
持ち込み料がかからないということは、ドレスブランドなども複数の中から好きなものを選ぶことができます。
プロデュース型のサービスは式場よりも選べるドレスブランドが多く、むしろ衣装の選択の幅は広がります。

結婚式の質はキープ!価格だけ下げることが可能!

挙式

低価格になるのはいいけど、結婚式の質が落ちるのは嫌ですよね。

でも、ご安心ください。

プロデュース会社にお願いしても、結婚式の質は落ちません。

なぜなら、式場と契約する入口が違うだけで、会場やスタッフは同じだからです。

利用する会場では普段と同じシェフが調理をしますし、結婚式を遂行するスタッフなども変わりません。

簡単に言うと、余計な料金をはぶいてクオリティが高い結婚式ができるということなのです。

プロデュース型の弱点!?式場が厳選されている

挙式場

プロデュースできない式場がある

低価格を実現できるプロデュース型ですが、ひとつ弱点があります。 それは、選べる式場が限られてくるということです。

新郎新婦がどうしても結婚式を挙げたい式場が決まっている場合、プロデュース型の会社で対応できないことがあります。

一流ホテルもあり!限られてはいるが良い式場がたくさん

しかし裏を返せば、
プロデュース型で利用できない会場は、
価格的な融通がきかなかったり、自由なプログラムや持ち込みに対応できない会場ということにもなります。

プロデュース型では、余計な費用をはぶくことができる式場が厳選されているということですね。

また、
プロデュース型では、一流ホテルやオシャレで評価が高い式場から選ぶことができますし、結婚式のクオリティはどこも高水準のようです。

100万円レベルの削減が可能!場合によっては費用が0円やプラスになることも!

プロデュース型の会社から結婚式を企画していけば、
同じグレードの結婚式よりも100万円以上価格をおさえられるケースも多々あるようです。

いただいたご祝儀の合計金額によっては、
出費0円や、大幅にプラスになることもあり得るのです。

カップルの自己負担額が大幅に下がるので、
浮いたお金は、新婚旅行や今後の結婚生活に活かすことができるでしょう。

低価格で自分たちの理想を反映させた結婚式をしたい場合は、
プロデュース型の会社で一度無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

プロデュース型結婚式で有名なサービス

『スマ婚』

プロデュース型の結婚式で有名なサービスです。

「いらないものを省いたら理想の結婚式が見えてきました」

というキャッチコピーからもわかるように、
無駄なものを省き自己負担額をおさえられる結婚式を提案してくれるサービスです。

「ブライダル価格」ではない「適正価格」で、
かつクオリティを維持した結婚式を新郎新婦に提供したいというモットーがあるそうです。

『スマ婚』のポイント

  • 全国の式場でプロデュースが可能
  • 240軒以上の会場から選べる
  • 費用の後日支払いに対応
  • 利用者が多く満足度調査でも1位を獲得
  • 結婚式の予算などを相談できるカウンセリングは無料
  • テーマパークペアチケットなどのプレゼントキャンペーンに参加できる
  • 申し込みフォームで簡単に資料請求や予約ができる
結婚式の価格を下げる節約術についてまとめています
\ 初めての人は結婚式費用の「解説まとめ」をチェック↓ /
\ 『結婚式』全般についてはまずこのページ /

コメント

タイトルとURLをコピーしました